FC2ブログ

2006.11.16 18:42

田舎住みのわたしは、右も左も田んぼ。
えっここだけ見るとすっごい田舎だけど
そこまでひどくないんだけど(苦笑)
山に向かって一本道を車で毎日ダンススタジオまで通ってるんだ。
周りが何も無いから見えるのは大きな空なの。
その空を見ながら、毎日仁kunの事を思ってるんだ。
今日も仁kun笑顔でいるかなぁ。
寂しい想いしてないかなぁ。
なんて考えながら車走らせてるとあっという間に着いちゃう(笑)
そんな毎日が楽しくって
でもね、そんな生活してるからかもしれないんだけど・・・
仁kunへの想いは募るいっぽうなの。

今日ね帰りに本屋さんに寄ったの。
何気に見た週刊誌。 
そこには、5人のKAT?TUNの姿があったの。
ファーを着た5人の表紙。
何気に手にとって・・・
うわー、素肌にファーですよ。
キャー萌え萌えショットなのに。
写真の中に仁kunはいなかった。
でもね記事の中にはちゃんといたんだ

ゆっちがね「KAT?TUNは家族だなって」って言ってるの。

お父さんがゆっち
お母さんがじゅんの
長男が仁kun
次男が竜ちゃん
末っ子が聖
長女が亀ちゃん


仁kunも含まれた6人家族だったことがすっごいうれしかったよ。
5人の中では普通に仁kunがいるんだね。
今回のことでさらに6人の絆は深まったんだろうね。
どれだけ離れていても根底で繋がっているKAT?TUNは強いね。
そしてね、竜ちゃんが仁kunのこと「わが道を行く感じでおにいちゃんぽいもん」だって。
ってか、感じじゃなくってわが道を行ってしまった仁kunでした(笑)

そしてそして長女の亀ちゃんがいい事言ってるの。
じゅんのがけがしたときも5人だったって事話した上で
「5人でやっているのが特別な事とは思わない」
「ひとりひとりが経験を積んで戻って来る場所、それがKAT?TUNなんです」


この言葉をみて、やっぱりちゃんと仁kunの居場所があるんだ。って
改めて思ったよ。
5人のメンバーは、ちゃんと待ててくれてる。
それを、言葉にしてくれてる。
写真や映像に仁kunがいなくてもどこかしらに仁kunの存在を
感じさせてくれるKAT?TUN。
どれだけ感謝しても足りないくらいだね。

仁kun。
仁kunへの想いがどんどん大きくなっていく今日この頃です。
毎日、空に向かって車を走らせていると、
まっすぐ走り続ければ仁kunのいる町に
飛んでいけちゃうんじゃないかなっなんて考えちゃう。
あなたの姿が見えなくても声が聞こえなくても
がんばってる姿が私の目には映るんだ。
仁kunの居る場所に繋がっている空。
この空のどこかに仁kunがいるんだよね。
わたしの心は仁kunの元へ飛んで行ってるけど(笑)
仁kunの心は?
ちゃんとあなたの想いについてきてくれてますか?
心が動かないときはちゃんと立ち止まってね。
いつか、仁kunの心が満たされた時、
笑顔で戻ってきてくれたらうれしいな。


スポンサーサイト



| 未分類 | コメント(7) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメありがとです(`・з・)ノ"

思いっきり風邪です。汗
弘人カッコ良いですよね(´・ω・`)
心愛は甲派なんですが。笑
雄がそんなこと言ってたんですか?
早めにちぇっくしに行かなきゃi-265

| 心愛 | URL | 2006.11.16 20:16 |

初めまして。

さよっぺさん。こんばわ。
そして。初めまして。

亀担の華南と申します。

文章を読んでて、思わずズキューンと来て。
仁くんのことを本当に好きなんだなぁって思わず涙です。

華南も5人を見ると、不意に寂しくなったり。
悲しくなったりするんですけど。
1人1人頑張っている姿を見て。
仁ちゃんは慣れない土地で、吸収しているんだろうなぁって。

きっと、さよっぺさんの想いはちゃんと届いていますよ~v-10
仁ちゃんに逢いたい気持ちは募るばかりですけど。
帰っきた時に、満面の笑みで仁ちゃんのことを迎えてあげたいですね♪

初めてのコメントがこんなんでごめんなさい。
また遊びに来ますi-179

| 華南 | URL | 2006.11.16 21:34 |

さよっぺさん、こんばんわ!!
セブンAmiも買ってきましたよぉ~☆
本当にいい事言ってくれるよぉ゜。(pωq)。
仁の事オフレコにせずにちゃんと話題にしてくれる…。
仁への愛とFanへのメッセージだよね。
さよっぺさん、Amiもね日々何故か仁への想いが募ってく(苦笑)
なんでだろう??亀ちゃんの横に仁…その当たり前な風景が当たり前じゃ無くなったからなのかな??
違うなぁ~きっと亀ちゃんが仁を大切に思ってるのが判るからなのかも…。
亀ちゃんね、仁と一緒だと凄く子供みたいになっちゃう時あるでしょ??
Amiね、あの亀ちゃん大好きなんだよね。

大丈夫!!メンバーの記事見たら安心できた♪

| Ami | URL | 2006.11.16 21:47 |

最近はやっぱり空を見上げてる自分がいることに気付きます。
無意識なんだけど、その向こうにいる仁を思ってるんだと思う。
セブンの記事、こっちでは明日にならないと見られないのですけど、
すごく嬉しいね。彼らの心の中から、仁はいなくなったわけじゃなって、
それを伝えてくれてすごく嬉しい。楽しみだなぁ~(^^)
やっぱりKAT-TUN!最高だね~!!!

| ちゃお☆ | URL | 2006.11.16 22:56 |

さよっぺさん。
私もセブンの記事みました。
うれしかったね。本当に。
仁の姿はなくっても、仁の存在を感じることができるだなんて。
さすがKAT-TUNです!

| みなみ | URL | 2006.11.17 00:38 |

さよっぺさん、こんにちわ。
セブン、素敵な記事やったね。
写真の中には5人しか居らんかったけど、
その中に仁クンの居場所はあったし、仁クンもちゃんと居ったね。
「僕らの街で」 フルで聴いたときにもそれは感じてん。
実際に歌声は5人やったけど、
そこには5人の想いと一緒に仁クンが居った。
仁クンの居場所はちゃんとあったね。
今、仁クンを姿として声として実際に見て聴く事は出来ひんけど、
KAT-TUNが、ちゃんと6人でKAT-TUNなんやって、
俺たちの場所はKAT-TUNやって、伝えてくれるんが嬉しいやんね。
大丈夫やよ。
きっと仁クンはもう、前に向かって進んでるはずやから。
笑顔の仁クンを、笑顔の6人を見せてくれる日は、確実に近づいてるよ。

| 和姫 | URL | 2006.11.17 14:09 | 編集 |

さよっぺからのお返事

心愛ちゃんへ
甲くんがすきなの?
甲くんめっちゃ温かくって面白くっていいよね。
明日第6話楽しみだね。
セブンみてきた?
いいこと書いてあったでしょ(笑)
風邪早く治してね。

華南ちゃんへ
コメントありがとう。
めっちゃうれしかったです。
5人のKAT-TUNを見るのは辛いけど
みーんなそれぞれがんばってるんだもんね。
亀ちゃんもめっちゃがんばってる。
その5人の心の中にはちゃんと仁kunがいるだよね。
そして、仁kunもすっごくがんばってると思うんだ。
だから素直に応援できるんだよね。
仁kunが帰って来るまではちょこっと淋しいけど
私たちの思いは6人のKAT-TUNに届いてると思うから
変わらずに応援していこうね。

Amiちゃんへ
セブン感動しちゃったよ。
KAT-TUNを好きになってよかったって改めて思ったよ。
仁kunの事をスルーせずにちゃんと語ってくれるみんな。
とってもうれしかった。
そして、絶対帰ってくるってへんな確信が生まれちゃった(笑)

確かに、仁亀のときの亀ちゃんってたまーにスキスキビーム出てるよ。
何でそんなに可愛いのって時あるある。
亀ちゃん仁kunの事大好きなんだよね。
だから今もめっちゃさみしいと思うんだ。
だからさーその淋しさAmiちゃんが紛らわせてあげてね(笑)

ちゃお☆さんへ
空を見上げてついつい仁kunに語っちゃうよね。
毎日の日課みたいになっちってるんだけど、
空を介して私たちの想い仁kunへ届いてるよね。
セブン見てきた?
記事の中にはちゃんと6人のKAT-TUNがいた事が
すっごくうれしかったの。
仁kunは帰ってくるよって言ってくれてるみたいに
聞こえたんだ。
こうやって、仁kunの話題を当たり前のように出してくれる
KAT-TUNってやっぱ最高だね!!

みなみさんへ
セブンに仁kunの姿は無かったけど
買っちゃったもん。
KAT-TUNは家族。
その言葉には、チョットやそっとのことでは
壊れない強さを感じたよね。
そういう風に言ってくれるKAT-TUNは
なんていい奴らなんだ。
どんなときも5人の心の中には仁kunがいるんだなぁって
感じられただけで幸せな気持ちになれたよね。
私たちの思いも5人や仁kunに届いてるよね。

和姫さんへ
私は「僕らの街で」をフルでは聞いてないんだけど
でもね、歌詞を見せてもらったの
それを見たら又涙があふれてきちゃった。
特に後半部分の歌詞が・・・
和姫さんの言うように仁kunの歌声は無いだろうけど
ちゃんと参加してるなぁって感じられたんだ。
そうだよね。仁kunはもう歩き始めてるよね。
和姫さんに言ってもらうとすっごくうれしいの。
私なんだか不安だったけど和姫さんの言葉を見ると
あーちゃんと歩き始めたんだなぁーって実感できたんだ。ありがとう

| さよっぺ | URL | 2006.11.17 18:28 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ