--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.07.18 23:01

昨日は久々に眠れない夜を過ごしました
失恋しても寝れちゃうわたしなのにね(爆)

いつもならKAT?TUNのライブDVD見るのにそんな勇気もなくてね

仁kunのことKAT?TUNのこといろんなことに想いを巡らせていたら
あっという間に空が明るくなってきちゃってた。

でもね…結局どれだけ考えても仁kunのそして5人の本当の想いは
わからないんですよね(>_<)

仁kunがそして5人が決めた道なら何も言わないです。
ただただ5+1を応援していくだけ。

でもね本当にそうなのかなぁ?
って想いがどうしても大きくなっちゃうんですよね



今回の2WAYが発表されてからいろんなことを考えてきました。
留学のときは、ただただ仁kunを5人を信じて待てたんですよね
仁kunの会見を見たからかなぁ?
あの強いまなざし、そしてゆっちやじゅんののフォローに亀ちゃんの手紙
絶対帰ってくるんだって核心がもてたんですよね。

でもね今回は腑に落ちない何かを感じて、不安が押し寄せて…
何度お友達に不安な気持ちを語ったことか。
だから今回の報道をみて「あ??そうなんだ」って何処か納得しちゃった部分もあって。

でも最初の報道というか事務所の意見を信じて今まできたけれど…
今回のジャニさんの言葉はそれを納得させてくれるものではなくて
全く別のことに摩り替わっちゃってますよね

これってどういうことなんだろうってついつい考えちゃっってます。

今回のことは仁kunが仁kunらしく生きていくための決断なの?
5人もそれを後押ししたってこと?
それは彼らがちゃんとした言葉で発信してくれない限り私たちには
決して判らないことだろうけど…
何をどう信じて進んでいけばいいのか?
今の私にもわからないんですよね。

仁kunが大好きだからどんなことがあっても仁kunを応援します。
ってことが言えたらどれだけ楽なのかな?って思います。
でも今の私はまだそんな風に思えなくって…情けないですよね。




そしてどれだけ考えてもわからないのだけれども…
仁kunが望んだことじゃない!!そんな風に考えちゃうんですよね。

仁kunの態度云々で彼はKAT?TUNに戻るべきじゃないという意見も
沢山目にします。

仁kunの態度に関してはお説教したいって事は私も何度となく思いました。
2WAYが決まったころのブログにも確か書いたなぁ?
でも本当に…仁kunがもっと違う態度で居たら…
もっと違う形になってたのかも知れないですもの。

でも仁kunはKAT?TUNが嫌いだからあんな態度を…とか
脱退ってのはちょっと違うとは思うんですよね

脱退はありませんと言い切った仁kun。
友&仁kunで近いうちに会いましょうといった仁kun。

仁kunの意識の中で脱退は考えてなかったんじゃないでしょうか?

仁kunはソロとしていろんなこともやってみたいという欲望も沢山あっただろうけど
どれだけいろんな思いをめぐらしてもどうしても…
KAT?TUNを抜けるなんて考えなかったんじゃないかなぁって結論になっちゃうんですよね

KAT?TUNと共に歩いてきた時間。10年ですよ。
彼らにしかわからない苦労を共にして泣いて笑ってすごした時間

この時間は決して消せない時間ですもの。

確かに友&仁での赤西仁はめっちゃ笑顔満載でした。
どんなときも心から笑ってた気がします。

でもね私の中で一年前のドームでの仁kunもすっごく楽しそうでしたよ。

花道で一人最後まで踊りながら歩く仁kun
最後の最後まで会場に残り
はける寸前嬉しそうにひょっこりお顔を覗かす仁kun。
オーラスでテンション上がりすぎてアリーナ彷徨ってた仁kun。

あの時、KAT-TUNが好きなんだなぁって思えたもの。

仁kunらしくはあるけれども、毎回仁kunが出せる精一杯を見せてくれたと
思ってます。

それを思うとね…
5人の見ている景色と仁kunの見ている景色の違いや
音楽の方向性の違いは確かにあるのかもしれないですけど…
だからって脱退って言葉は仁kunには浮かばなかったと思っちゃうんですよね。

でもね今回、三重、仙台、熊本、インテとなんだかんだで5人を10公演見てきました。
仁kunの居場所はKAT-TUN。
戻ってくると信じようとしてたから5人をちゃんと応援したかった。

でも、公演を見る度に仁kunの戻る場所あるんだろうか?って不安がよぎるんですよね。
それだけ5人のライブが完成されててファンを思いっきり楽しませてくれる
5人の中に入る隙間がこれっぽっちもなくて…
ここまで団結してる5人の中に仁kunが今のままの態度で戻って行けるのかなぁ?
それこそアッ君にならなきゃ無理っしょ

このまま別々の道を歩んだほうが6人にとって幸せなのかもって考えたこともありました。

でもね、私は仁kunだけを見てきたわけじゃなくて
KAT?TUNの中の赤西仁が好きで亀ちゃんの隣に立つ仁kunが好きなんですよ。

どの会場でもわかってはいても仁kunの姿を探しちゃう
仁kunの歌声を探しちゃう
亀ちゃんの声に重なってる声が仁kunだと想い耳を傾けちゃう
そして亀ちゃんの目線の先に居る仁kunを双眼鏡で探しちゃう

こんな癖はいつまで経っても抜けないんですよね
もうね染み付いちゃってる。
だってもうKAT?TUNの中に居る仁kunを見て7年目ですもの。

こんな長い年月築いてきたものそう簡単には直せないです。

今頑張ってる5人を認めてないわけじゃなくて…
今までの6人で過ごしてきた10年を忘れられないんです。

いつまでもいつまでも6人でKAT?TUNで居てほしい
今でもこんな風に願うのは間違ってるのかも知れないけれども
どうしても願っちゃうんですよね

だから…
かれらの発信するものだけを信じて…
いつかちゃんと話してくれる日を待ってます
それと同時に秋までゆっくり時間をかけて
自分の気持ちに向き合っていけたらと思います。





それと…ジャニさんに一言。
KAT?TUNがもし5人で歩むことを決めたとしても
Aは居ないことにしてKAで亀ちゃん
ってのは許せないです。

KAT?TUNのAはいつまでも赤西仁です。

もし5人になってもこの10年仁kunはKAT?TUNで居たんですよ
その事実だけは無いものにしてほしくないです。

どんだけ事務所が取り繕っても…
私たちの心から赤西仁は消せない
ずーっとずーっとKAT?TUNのAは赤西仁だと思ってます。


スポンサーサイト

テーマ : 赤西仁 - ジャンル : アイドル・芸能

| - | コメント(4) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。